AGAクリニックのランキング・口コミ・評判

AGAクリニック.net > AGAは治る?治らない?治療方法からみるAGA完治の可能性

AGAは治る?治らない?治療方法からみるAGA完治の可能性

AGAは治る?治らない?治療方法からみるAGA完治の可能性

AGAは治るのでしょうか。その疑問は、AGA治療を行っている方ならだれでもが気になっていることではないでしょうか。そもそもAGAは病気なのかどうかということもわからないという方も珍しくないでしょう。

AGAで悩んで治療を続けている方。なんとなく最近髪の状態が気になって、AGAではないかと不安に感じている方。そんな方のためにAGAが完治するものなのか、そもそも病気なのかということを説明します。

 

AGAの原因について

AGAは治る?治らない?治療方法からみるAGA完治の可能性

AGAが発症する原因は決して一つではなく、さまざまな要因が絡み合っているとされています。主たる原因である男性ホルモン、ジヒドロテストステロンや5αリダクターゼは、どこか外からやってきた異物ではなく、成人男性の身体のなかに普通に存在するものです。

そういった原因の1つ1つを理解していくことで、AGAという症状の本質が理解できるようになります。治療を始める前に、AGAの本質を学んでみましょう。

AGAの男性ホルモンの働き自体は異常なものではない

AGAの原因である男性ホルモン、ジヒドロテストステロンは、AGAに悩む多くの方からすれば、悪の元締めのような認識となっているのではないでしょうか。しかし、ジヒドロテストステロンは、男性をより男性らしくするという働きを行う男性ホルモンです。

男らしい体格を作ったり、ヒゲや体毛を濃くしてくれたりするのがその役割なのです。ただ、髪に関してはなぜかその成長を阻害するという働きになります。しかしそれ自体はこの男性ホルモンの性質であり、決して異常な振る舞いという訳ではありません。

海外には、髪の毛が薄くなるのは男らしさの証(あかし)という風潮がある国もあります。とは言え、男性が全員薄毛になる訳ではないという事実を考えれば、AGAにはなんらかの身体的、あるいは、状況的な問題点があると考えるのは当然のことでしょう。

遺伝によって決まる要因

先述の通りですが、男性ならだれでもAGAになるかと言うとそうではありません。これには遺伝的要因が関わっているとされています。AGAの原因としてジヒドロテストステロンが毛乳頭の受容体に結合して毛母細胞が髪を作ることを抑制する働きをします。

この受容体が生まれつきジヒドロテストステロンと結合しやすい方と、しにくい方がいるのです。遺伝的にジヒドロテストステロンと結合しやすい受容体を持っている方は、そうでない方よりもAGAになりやすいということになります。

まずはこの遺伝的要因によってAGAになりやすさが決まってしまいます。ではAGAになりやすい遺伝子を持っているからどうしようもないかと言えば、そうでもなく、AGAはある程度は予防ができるので、遺伝的にAGAになりやすいことがわかっていれば対処のしようもあります。

加齢や悪い生活習慣がAGAを加速させる

男性ホルモンや遺伝的要因によってAGAのなりやすさがあるとは言え、実はAGAを決定的に促進するのが身体の状態だと考えられています。AGAになりやすい体質でも、髪を作るための栄養が十分であり、髪にその栄養を届けるための血流も順調であるならば、なかなかAGAは進行しません。

若い方にはAGAが重度に進行した方は少ないのですが、AGA自体は思春期以降はいつでも発症できる状態になっています。それでも若いうちはあまりAGAが悪化しないのは、身体の生まれ変わりのサイクルが早く、少々の不具合は押し通してしまえるからです。

若い頃は少々むちゃをしても一晩寝れば次の日にはすっきりしているということでもわかるように、身体を健全な状態に保とうとする働きが強いので、髪の成長もあまり妨げられないのです。しかし食生活が乱れたり、ストレスがたまったり、年齢が上がって回復力が落ちて来ると、AGAが進行しはじめてしまいます。

【関連記事】
→AGAの原因・特徴・進行パターン・治療方法まとめ

 

AGA治療法による完治の可能性について

AGAは治る?治らない?治療方法からみるAGA完治の可能性

男性自身の身体の働きとしてAGAは発症するので、異常事態である病気の治療とAGAの治療とは全く違う部分があります。それは原因を排除してしまうことができないということです。これはAGAの治療におけるもっとも深刻な命題であり、日々の研究が推し進められている要因でもあります。

AGAの原因が存在する状態が健康的な状態である以上、それを阻害すると逆に不健康な状態になるという問題が発生してしまうのです。そういった問題に対処しながら、AGAの治療は行われることになります。

AGAの治療は対処療法

率直に言って、現在のAGAの治療法は基本的に対処療法となっています。AGAが発症しないように、その原因をつぶしていくというのが、現在のAGAに対する有効な治療法です。AGAの原因である5αリダクターゼの働きを抑える薬であるフィナステリドが、現在ではもっとも効果のあるAGA治療薬です。

また、毛細血管の血流をよくすることができるミノキシジルも有効な治療薬とされています。髪の栄養は血液に含まれて、頭の毛細血管で毛母細胞に運ばれます。さらにフィナステリドの効能も、血流で運ばれないと効果が発揮できないので、血流の回復は大切な問題です。

初期の段階のAGAならこの二つの薬の働きだけでも、かなりの回復が見込めると考えることができます。

AGAにならない状態を維持し続けるために

AGAの状態になった髪を治療で回復させることができたとしても、AGAとなる前提条件がクリアされることなく残っているのなら、治療を止めた途端にAGAが再び進行することになります。若い方の場合なら、AGAになりやすい生活環境を改善することで、治療を止めても再びAGAとならない状態に回復させることが可能であると考えられます。

しかし加齢によってAGAが進行している場合、治療を止めてしまえば、再びAGAが悪化することを止めることができません。老化というのは生物にとってどうしようもない問題の一つであるからです。加齢によるAGAでも生活を健全化し、さらに髪に必要な成分を多く摂取することで、治療に頼らずAGAの進行を止めることも可能であると言われています。

どちらにせよAGAが悪化しないようになんらかの働きかけは続ける必要があるのです。完治と言うには難しい状況と言っていいでしょう。

効果の高い治療方法は開発され続けている

とは言え、AGA治療の方法は、より効果的なものが開発され続けています。現在施される治療のなかで、AGAが進行した髪の再生にもっとも効果があると考えられているのが幹細胞抽出タンパクによる毛母細胞の活性化です。この幹細胞抽出タンパクによる毛母細胞の活性化は、加齢やAGAによって力を失った毛母細胞をよみがえらせる効果があるとされています。

実際の治療法としては、HARG療法や毛髪再生メソセラピーなどに利用されています。ただしこの毛髪再生療法は、AGAで完全に不活性化した毛母細胞には効果がないため、毛母細胞の機能自体は残っている必要があります。つまり手遅れになってしまっていることもある訳です。

さらにこの治療はAGA自体に対するものではないので、AGAに対する治療も同時に行う必要があります。幹細胞抽出タンパクによる治療はある意味細胞の若返りを促すためのものと考えていいでしょう。

 

諦めなければ道はひらける?

AGAは治る?治らない?治療方法からみるAGA完治の可能性

ここまでの話で、現在のところAGAの根本的な解決や完治という方法がないということが理解できたと思います。

AGAという症状の具体的な原因が解明されて来たということは、それに対処する方法も開発されやすくなったということでもあるのです。実際、10年前に比べれば、AGAの治療は格段の進歩を遂げています。10年とは言わず、1年でも、技術の進歩はめざましく、メソセラピーや植毛などの医療技術も向上しています。

早期の予防が髪を守る

実はAGAに対する治療で、もっとも効果的であるのは予防です。つまり症状が出る前にAGAが進行しないように対処することで、AGAを防ぐことができるのです。髪の毛が薄くなってきた、母方の親族に髪の毛が薄い人が多い、などの心当たりがある場合には、早期に無料カウンセリングなどを利用して髪の状態を確認しましょう。

あなた自身のAGAに対するなりやすさによって、そのケアもまた違って来ます。AGAになりやすい体質の場合は、早々に予防治療を受けたほうがいいでしょう。なりにくい方の場合も、毎日の栄養管理と、ストレスケアを行い、頭皮に負担のかかるシャンプーなどの使用を控えめにすることは必須です。

それでも加齢などで細胞の再生能力は低下してしまうものですから、髪の状態が悪化した場合には、信頼できるAGAクリニックでの治療を受けることが、まずはAGAを克服する1歩となります。

【関連記事】
→AGAに効果的な頭皮ケア方法5選

期待のかかる毛根再生技術

AGAを完治に近い状態に持っていくための治療方法として今開発が急がれているものが毛根再生療法です。この治療法は、力を失ってしまった毛根の細胞を、別の元気な細胞を使ってコピーして増やし、頭皮に戻すという治療方法です。

この治療法が確立すれば、現在では植毛でしか再生できない状態でも、身体にあまり傷をつけずに髪を再生することができるようになります。また、遺伝的にAGAになりやすい体質を改善するための遺伝子治療についても研究が進められています。

将来的にこれらの研究が完成すれば、AGAはある意味完治することができると言える状況になるでしょう。

 

おわりに

AGAは身体の異常ではなく正常な状態のため、完治という状態になることがないというやっかいな症状です。遺伝的ななりやすさや、生活環境によるAGAの加速化など、AGAになりやすい状況というものはありますが、実際はだれにでも起こりうる症状がAGAです。

しかしAGAもその症状に至る詳細がだんだんと解明されて来て、対処療法とは言え、治療もより効果的なものとなっています。まずはあなた自身の体質を理解して、しっかりとした予防を行うことが大切です。完治はできなくても、AGAを進行させないことはできるのです。

 

 

AGA関連記事