AGAクリニックのランキング・口コミ・評判

AGAクリニック.net > 女性の特徴的な6つの薄毛症状とおすすめ対策法

女性の特徴的な6つの薄毛症状とおすすめ対策法

女性の特徴的な6つの薄毛症状とおすすめ対策法

女性の抜け毛は男性の抜け毛とは違います。女性には、女性ならではの抜け毛というものが存在するのです。今回は女性の特徴的な6つの薄毛症状と、おすすめの対策法を合わせてご紹介します。

女性ならではの6つの薄毛症状とは

鏡の前で悩む中年女性

男性の抜け毛と女性の抜け毛は根本的に違います。男性の薄毛の原因はAGAと呼ばれる『男性型脱毛症』が多くを占めていますが、女性の薄毛の原因を見てみたとき、AGAの占める割合は決して多くありません。

では、女性の薄毛の原因は一体どのようなものがあるのかというと、大体次の6つの症状に分類できます。「びまん性脱毛症」「けん引性脱毛症」「分娩(ぶんべん)後脱毛症(産後脱毛)」「脂漏(しろう)性脱毛症」「粃糠(ひこう)性脱毛症」「円形脱毛症」です。

まずは、これらの症状の特徴について詳しく見ていきましょう。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、女性の薄毛の中で最も多くを占めているタイプです。男性の薄毛のように、生え際や頭頂部から髪が薄くなっていくのではなく、髪の毛全体が薄くなってくるのが特徴です。髪の毛の本数が少なくなるだけでなく、髪の一本一本が細くなり、全体のボリュームが少なくなります。AGAや円形脱毛症のようにわかりやすく薄毛が進行せず、脱毛部分の境界がはっきりしません。なので、髪の分け目が透けて見えるようになって気が付いたという方も。

年齢を重ねたことによる老化の他、極端なダイエット、ストレスなどが原因とされています。

けん引性脱毛症

同じ髪型を続けると薄毛が進行する……なんて話を聞いたことはありませんか?

索引性脱毛症は、まさしく長期間髪をきつく縛ることが原因で起こる脱毛症です。髪を同じ髪型にきつく縛りつづけると、特定の部分に負担がかかることになります。その結果、負担がかかっている部分の髪が抜けて部分的な薄毛となってしまうのです。

別名で「ポニーテール脱毛」と呼ばれることもありますが、実はポニーテールに限らず、どんな髪型でも起こる可能性がありま

す。ちなみに髪を縛るだけでなく、長い間同じ分け目にしておくことでも起こることがあります。

分娩(ぶんべん)後脱毛症(産後脱毛)

産後のホルモンバランスの急激な変化によって起こる脱毛です。出産された女性の多くが、多少の抜け毛を経験しているのではないでしょうか。

この症状は、実は妊娠中から始まっています。妊娠後期、女性の身体には女性ホルモンが増加します。女性ホルモンは、髪の成長を維持する働きがあるため、髪は一斉に成長期に入ります。つまり、妊娠後期は通常時と比べると髪が抜けにくくなっているのです。しかし、出産とともに女性ホルモンの分泌量はがくりと落ちます。そうすると、成長期を維持していた髪は一斉に休止期、と呼ばれる髪が抜ける時期に突入してしまうのです。

ごっそりと髪が抜けることもあるので驚かれる方も多いかもしれませんが、分娩(ぶんべん)後脱毛症は産後1年から1年半ほどで治ることが多いので、あまり心配することはありません。ただし高齢出産などでは、体力の回復が遅れるために抜け毛の量もなかなか元に戻らないことがあるようです。一過性の脱毛症なので、あまり心配しなくても良いのですが、もし何年にもわたって脱毛が続く場合は、一度産婦人科やクリニックで相談されるのがおすすめです。

脂漏(しろう)性脱毛症

健康な頭皮は常に皮脂を分泌していますが、この分泌量が増えすぎてしまったときに起こるのが「脂漏性脱毛症」です。皮脂の過剰分泌が原因で、頭皮が炎症を起こしてしまい、結果的に薄毛になってしまうのです。

原因は食生活の乱れや、間違ったシャンプー・ヘアケアなどが挙げられます。

シャンプー等のヘアケアの方法を見直す他、頭皮を清潔に保つことも大切です。また、脂質の少ない食生活にすることなどでも症状は改善します。

粃糠(ひこう)性脱毛症

シャンプーをしすぎると髪に逆に良くないというのは、有名な話かと思います。

実は、そのシャンプーのしすぎによって引き起こされるのがこの「粃糠性脱毛症」なのです。シャンプーをしすぎることによってどのようなことが頭皮で起こるかというと、簡潔に言うなら『皮脂』を取りすぎた状態になります。皮脂は過剰分泌されると先ほど紹介した「脂漏性脱毛症」を引き起こしてしまいますが、適度な皮脂は頭皮にとって必要不可欠なものです。その必要な皮脂までもシャンプーで洗い流してしまうと、フケが発生し、毛穴をふさいでしまうのです。毛穴がふさがれた頭皮は炎症を起こしてしまい、髪は成長することができなくなってしまいます。これが「粃糠性脱毛症」のメカニズムです。

シャンプーの方法や回数を見直すことで、症状も緩和することが多いですよ。

円形脱毛症

有名な脱毛症なので、ご存じの方が多いですよね。いわゆる「10円ハゲ」なんて呼ばれる薄毛が、この「円形脱毛症」です。一カ所のみの部分な症状に収まることもあれば、数か所に及ぶ部分的な脱毛が頭皮に広がることもあります。

自分の毛根をリンパ球が攻撃することによって起こる症状で、自己免疫疾患の一種です。ストレスが原因でなるものというイメージが強いですが、実はストレスとの因果関係は今のところ化学的に立証されていません。

女性ならではの薄毛の対策法は?

正しいシャンプーをしていますか?

薄毛の対策法はいくつかありますが、一番良いのは自分の薄毛に合った対策法をクリニック等で指導してもらうことです。

とはいえ、まず自分で、家庭内でできることから始めたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。クリニックほどの即効性はありませんが、もちろん家庭でできる対策法だって存在します。

先ほどの6つの薄毛症状を見ていただいたら気が付かれるかもしれませんが、実はシャンプーの方法が決め手になっている脱毛症が二つもあるんです。「脂漏性脱毛症」と「粃糠性脱毛症」です。これらはシャンプーの方法を変えるだけでも、症状が随分改善します。もちろん他の薄毛症状の方も、正しいシャンプーの仕方を知っておくことは大切です。

まずはシャンプーを正しく行うことにより頭皮という土壌を整え、その後、コンディショナーや育毛剤などでしっかりとケアしてあげることで、家庭でも薄毛対策を行うことは可能です。

ここからは正しいシャンプーの方法について、詳しく解説していきますね。

正しいシャンプーの方法

シャンプーは、実はシャンプー剤を頭に付けて泡立てるところが最初ではありません。シャンプー剤を付ける前の「予洗い」から、実は正しいシャンプーは始まっているんです。予洗いをきちんとすれば、なんとその時点で頭皮の汚れの約70%が落ちます。シャンプー剤はあくまで仕上げのようなものなのです。

とはいえ、シャンプー剤を付けてから間違った洗い方をしてしまうと、せっかくの予洗いも台無しになります。シャンプーの目的は、頭皮をきれいにすることです。しかし、意外と多くの女性が、シャンプーをするときに頭皮ではなく髪をごしごしとこすり洗ってしまっているんです。髪同士をこすり合わせるように洗ってしまうと、髪の中が空洞化してしまい、せっかくの美しい髪がパサついてしまったり輝きを失ってしまったりします。シャンプー剤はあくまで頭皮を洗うもの、ということは今一度頭に入れておきましょう。

最後のすすぎも、最初の予洗い同様とても重要です。シャンプー剤が頭皮に残ってしまうと、頭皮の炎症の元となり、薄毛の原因になってしまうこともあるからです。最低でも2分ほどの時間をかけて、しっかりとシャンプー剤を落とすように心掛けます。

全体の流れとしてはこのような感じです。ここからは、もう少し詳しくそれぞれの流れについて見ていきましょう。

予洗い

予洗いは、先ほども申し上げたように非常に大切な工程です。時間はショートヘアなら1分、ロングヘアなら2分を目標に、じっくりと行います。汚れを落とすことが目的なので、湯温は42~43度と高めに設定します。ただし、皮脂が少なくなっている、頭皮が荒れていると感じる方は40℃以下のぬるめのお湯がおすすめです。温度を低くすると、皮脂を落としすぎずに洗うことができるからです。

お湯の温度を決めたら、頭皮にお湯をかけつつ、指の腹を使って頭皮を満遍なく洗っていきます。髪の毛をかき分けるような感覚を意識し、なるべく頭皮を直接触るようなイメージで行うと効果アップです。このとき、皮脂のたまりやすい耳の裏側や、後頭部のあたりはより意識的にお湯で洗い流すようにします。

シャンプー

次はいよいよシャンプーです。シャンプー剤はポンプから出してすぐに頭に塗るのではなく、まず手のひらの上に伸ばしてから使用します。頭皮に満遍なくシャンプー剤を行き渡らせるイメージで、このときは手のひら全体を使って泡立てていきます。シャンプーのときに大切なことは、髪ではなく頭皮を洗うことです。このときにマッサージを組み合わせると効果がアップします。シャンプーマッサージはいろいろなやり方がありますが、基本は下から上の方向に指を動かすように行うと覚えておくと便利です。耳周りや生え際といった皮脂の分泌が多く洗い残しやすい部分は念入りにマッサージしてみてくださいね。

すすぎ

最後はすすぎです。こちらも予洗い同様丁寧に行います。髪の長さに関係なく2分を目安に行うと良いでしょう。

なるべくシャワー&シャワーフックを使用し、両手を使ってしっかりと洗い流していきます。このとき、指を小刻みに動かすと髪と髪の隙間にお湯がしっかりと入っていくので、ぜひ試してみてください。先ほどのシャンプーのときのマッサージを思い出しながら、洗い残しがないように細かいところまで丁寧にお湯をかけていきます。

じゅうぶんにすすいだと思った後、もう一度全体をすすぐくらいがベストです。最後は、美容師さんがよくしているように、手のひらにお湯をため、そのお湯で頭皮を洗うようにするとさらに効果アップです。

お風呂上がりにできる薄毛対策

最後に、お風呂上りにできる薄毛対策も併せて紹介しておきます。

まず大切なのがヘアドライです。髪をぬれたままにしておくと、髪自体のキューティクルが開いたままの状態になって、髪が傷んでしまいます。それだけではなく、ぬれた頭皮には雑菌が繁殖際やすいので、ニオイやかゆみ、頭皮が荒れている状態なら炎症の元になってしまうことも……!

タオルを使って、まずはしっかりと頭皮の水分を取り除いたら、ドライヤーを使用してしっかりと髪と頭皮を乾かしていきます。ドライヤーは、髪を分けるようにして、根元に直接風をあてるようにして使うのが基本です。根元が乾いたら、毛先に向かって髪に風をあてて乾かしていきます。ちなみに熱風で全体を乾かした後、冷風をあててあげると髪をより美しく保(たも)てます。

ちなみに、ドライヤーの前に洗い流さないトリートメントや育毛剤を使うとより効果的です。ただし育毛剤は製品によって使用方法が異なると思うので、無理にドライヤー時に使うことはありません。ただし、どの育毛剤も頭皮がきれいになっている風呂上りが一番浸透しやすいので、できたらお風呂から上がって、髪を乾かし終わるまでに一度塗布しておきたいですね。

おわりに

今回は、女性ならではの薄毛症状を紹介しました。どの薄毛症状も原因を把握し、しっかりと対策すれば薄毛は改善します。クリニックに通ってみたり、自分でできる対策法を試してみたり、ぜひ美しい髪を取り戻すための一歩を踏み出してみてくださいね。

 

 

AGA関連記事