AGAクリニック徹底比較

AGAクリニックのランキング・口コミ・評判
AGAクリニック.net > 「ミノキシジル」の効果や副作用など基礎知識まとめ

「ミノキシジル」の効果や副作用など基礎知識まとめ

外用薬のイメージ

AGAの治療薬として有名な成分が二つあり、一つがフィナステリドで、もう一つが「ミノキシジル」です。日本では大正製薬が「リアップ」という製品を発売したことで多くの方に知られることとなりました。

それでは「ミノキシジル」は具体的にどのような効能で、どうAGAに効果を及ぼすのでしょうか。今回は日本で育毛成分として厚生労働省に認可を受けている「ミノキシジル」を詳しくご説明します。

効能と副作用はもちろん、利用する際に知っておいたほうがいいことや、内用薬と外用薬の作用の違いはどのようなものかなど、気になることを押さえてみました。

AGA治療に多大な貢献をしているとされる「ミノキシジル」に詳しくなって、上手に利用しましょう。そしてぜひ健康で豊かな髪を取り戻してください。

「ミノキシジル」はどういう薬?

「ミノキシジル」はAGAの治療に効果があるとされる成分です。製品名ではありません。「ミノキシジル」はAGA治療に効果的であると正式に厚生労働省に認可された数少ない成分なのです。

そのためクリニックなどで医師から処方される薬に「ミノキシジル」が配合されている薬が入っていることがあります。ただし、AGAクリニックで処方される場合、内服薬はミノキシジルタブレットと呼ばれ、あまり製品名の表示はされません。

なぜかというと、「ミノキシジル」配合のタブレット錠剤は、そのほとんどがジェネリック薬なので、クリニックごとに製品名が違ってしまうからです。そこでわかりやすさを重視して製品名ではなく、成分名で表示しているのです。

実は「ミノキシジル」は外用薬の成分としては認可されているのですが、AGA治療のための内服薬としては認可されていません。そのため「ミノキシジル」内服薬には正式認可の薬が無く、クリニックそれぞれが独自に輸入したり、調剤したりして処方しているのです。

「ミノキシジル」の正式認可薬である外用薬は、大正製薬のリアップがあります。というよりも、AGA外用薬として正式認可を受けているのはこのリアップしかありません。

アメリカにロゲインというAGA治療用の外用薬がありますが、こちらは厚生労働省未認可なので、個人輸入で自己責任の範囲でしか使うことができないのです。

【関連記事】
→AGA治療薬の種類・選び方・費用・副作用まとめ

「ミノキシジル」の効能

healthy-hair-image

「ミノキシジル」は本来高血圧のための薬として開発された成分で、血圧を下げる効果があります。この高血圧の薬は内服薬でした。ところが「ミノキシジル」を処方された患者が多毛症になるという副作用が現れたのです。

そこから薄毛治療の薬として研究開発されたという経緯があります。最初に作られたのがロゲインという外用薬で、アメリカで発売されています。その後日本の大正製薬が成分ライセンスを取得してリアップという外用薬を開発しました。

「ミノキシジル」の具体的な効能としては、毛包という髪の毛を作る組織に作用して、育毛を促すという効果があります。さらに詳しく解説すると、「ミノキシジル」の効果には特徴的なものが2つあります。

1つは休止期の髪を作らない毛包を活性化して、発毛状態に移行させること。もう1つが痩せた毛包を深く成長させるという効果です。つまりAGAで髪の毛が痩せてすぐ抜けるといった症状の改善が期待できるのです。

「ミノキシジル」の副作用

心臓に問題を抱える男性

「ミノキシジル」の副作用は、元々高血圧の治療薬であったことと関係しています。血圧を急激に下げてしまう効果があるのです。そのため、内服薬は厚生労働省で認可されなかったという経緯があります。

心臓疾患である狭心症などの方や、不整脈がある方など、心臓や血管周りに問題がある方は使用に注意が必要です。特に内服薬は効果が強いので、心臓や血管に疾患がない方でも、めまいを起こすこともあります。

また、育毛効果が高いからこその副作用もあります。髪の毛だけでなく、全身が毛深くなる多毛症が発症する可能性が高いのです。これらのことを考えると、「ミノキシジル」は基本的に外用薬として使用したほうが安全といえます。

内服薬として服用する場合は、医師との慎重な話し合いを経てからにするべきでしょう。効果が高いからといって、タブレット内服薬を個人輸入して服用するのは避けたほうが賢明です。

【関連記事】
→AGAの原因・特徴・進行パターン・治療方法まとめ

おわりに

AGAクリニックの医師の間でも効果が高い成分とされる「ミノキシジル」についてご説明しました。「ミノキシジル」はAGAの治療の際、内服や外用の薬として処方されることがあります。

髪を作る組織自体に強く作用する成分なので、高い治療効果が期待されるからです。しかし効果が高い分、副作用のリスクがあることもまた確かです。

厚生労働省ではその効果の強さを鑑みて外用薬としては認可していますが、内服薬としては認可していません。「ミノキシジル」のこれらの特徴をきちんと理解して、危険のないAGA治療を行なうようにしてください。